今は、男性でもお肌を手入れしている時代です。

特に肌トラブルに悩む男性は多く、スキンケアにも気を使いますよね。

ニキビやクレーターになってしまったニキビ跡、ガサガサの肌。綺麗に治したいですよね。

美肌の持ち主の男性の間で愛用者が多いのが、ツルスキンです。

今使っているスキンケア用品から乗り換えてみようと思っている方も多いと思います。

そこで今回は、ツルスキンと化粧水との併用についてお伝えしていきます

ツルスキンの使い方

まずはツルスキンの使い方をご紹介したいと思います。

基本的にツルスキンは、手間がかからないワンステップです。

洗顔後、ツルスキンをパール大(2センチ程度)手に取ります。

気になる部分にツルスキンを塗り込み完了です。かなり簡単なお手入れ方法ですよね。こんな簡単なステップで肌がきれいになるなんてありがたいです。

ツルスキンと化粧水の併用について

通常のスキンケアは、洗顔→化粧水→乳液などの順番になっています。

そのため、化粧品メーカーからはライン使いをしてくださいというアドバイスを受ける事があります。

しかし、ラインで化粧品を購入するとかなりお値段もかかるんですよね。

ツルスキンは、この手間がかからず一本でOKです。

化粧水との併用については、ツルスキンは化粧水も乳液も全て兼ねているので特に他のものは必要ありません

商品的には併用しても肌荒れなどが起こるなどの問題はありませんが、しなくてもスキンケアはしっかりとできます。

他の化粧水と使うよりも、ツルスキン1本でケアをした方が楽な上、美肌になりますよ。

ツルスキンだけでは乾燥対策が物足りない場合

ツルスキンには、保湿成分もふんだんに含まれています。

なので、基本的には他の保湿剤を使う必要はありません。

しかし、乾燥がひどく物足りないと感じた場合、少し保湿を加える事も可能です

その場合、ツルスキンを使う前に化粧水を塗ってみましょう。

その際は、しっかりと化粧水が肌にしみ込んだのを確認してくださいね。

しっかりとしみ込んだらツルスキンを塗ってください。

ツルスキンはゲル状なので、浮いてしまう可能性があるためです。

使う化粧水ですが、できるだけさっぱりタイプの物を使うと良いでしょう。

しっとりタイプの物は保湿効果が高いですが、ゲル状の物と合わせると肌がべたついたりしてしまいます。

保湿クリームもOK

ツルスキンに一番合うのは化粧水ですが、その他に併用するとしたらクリームです

クリームの場合は、化粧水と逆でスキンケアの最後に塗ります。

ツルスキンを塗った後、肌になじんだと感じたらクリームで肌に蓋をして保湿を高めてあげましょう。

ただ、クリームの場合はどうしてもしっとりしますので、肌のべたつきはでてきてしまいます。

まとめ

ツルスキンは、1本で乾燥や肌荒れやニキビなどの対策ができるゲルです。

毎日使うものなので、簡単にお手入れできる方が楽ですね。

どうしても乾燥が気になる場合は、化粧水などと併用する事も可能ですが様子を見ながら使ってみてくださいね。

>>今だけ超お得特典 ツルスキンの公式サイトはこちら